脱毛Q&A

ダイオードレーザー脱毛機ってどんな脱毛機?仕組みや特徴を解説!

更新日:

ダイオードレーザー脱毛機 タイトル

脱毛クリニックで主に使われている脱毛機器には、

  • YAGレーザー脱毛機
  • アレキサンドライトレーザー脱毛機
  • ダイオードレーザー脱毛機

という3つの種類があります。

なかでも特に多いのはアレキサンドライトレーザー脱毛機を使用しているクリニックですが、

ダイオードレーザー脱毛機を使用しているクリニックもまずまず多くなっています。 👍

ではダイオードレーザー脱毛機のメリットや特徴はどんなところにあるんでしょうか?

それがあるからこそ、あえて主流とされていたアレキサンドライトレーザー脱毛機ではないものを使用しているところが増えたはず!

そこでここではそんなダイオードレーザー脱毛機の仕組みや特徴について解説していきます!🧐

もしその特徴が自分に合っていると思ったら、

ダイオードレーザー脱毛機を使用しているクリニックを選んでみてください。

リゼクリニックの無料カウンセリングを予約する

ダイオードレーザー脱毛機で脱毛ができる仕組み

よく使われているアレキサンドライトレーザーの脱毛機では、

メラニンに反応させて毛根やその近くにある毛を生やす元となるところを破壊する

という仕組みで毛を生えなくしています。ではダイオードレーザーはどうでしょうか?

ダイオードレーザーの場合にも、メラニンに反応させて毛根近くにある毛を生やすような、

元となる部分にダメージを与えるという点は変わりありません。

だから基本的な脱毛の仕組みにおいては、変わりはないと考えて良いです。🙂

でもそれは、使用するマシンによっても違ってきます。

3つのマシンが使われている

ダイオードレーザー脱毛機の中で、主に使われているのは以下の3種類になります。

  • メディオスターNeXT Pro
  • ライトシェアデュエット
  • ソプラノアイスプラチナム

ただ、マシンによっては、メラニンに反応させるわけではないマシンもあるんです。😮

たとえばメディオスターNeXT Proは、メラニンに反応させるわけではありません。

痛みの少なさに定評があるメディオスター

メディオスターNEXT PRO

画像引用:メアリクリニック

メディオスターNeXT Proは、ダイオードレーザー脱毛器の中でも特に痛みが少ない脱毛機として有名です。😄

低出力でじわじわとダメージを与えていく「蓄熱式」というタイプのダイオードレーザー脱毛機で、

メラニンに反応させるのではなく、バルジ領域というところをターゲットにして脱毛していきます。

それにより、毛周期をあまり気にせず脱毛することができるようになったり、

色黒の方や日焼け肌の方でも脱毛できるようになっています。 🌞

痛みに弱い人はもちろん、色黒の方などにおすすめできる脱毛機ですね!

ライトシェアデュエットは皮膚を引っ張りながら照射する

ライトシェアデュエット

画像引用:アリシアクリニック

それに対してライトシェアデュエットは、メラニンに反応させる方法で脱毛していく脱毛機器です。

皮膚を吸引しながらレーザーを当てることができ、そうすることによって、

より毛にズームアップしてレーザーを当てることができるようになります。

結果、肌への負担を減らしたり、より効果的に施術することが期待できます。

ただライトシェアデュエットは、メラニンにしっかりと反応させる分、日焼け肌などへの施術は苦手となるんです。😖

他のダイオードレーザー脱毛機は日焼け肌にも使える脱毛機器になりますが、ライトシェアデュエットは例外なんです。

でもライトシェアデュエットは実績も豊富なので、安心して脱毛していきたい人におすすめできます。 😌

また、早く効果を出したい人にもおすすめです。

ソプラノアイスプラチナムも蓄熱式の脱毛機

ソプラノアイス・プラチナム

画像引用:Alma Lasers

ソプラノアイスプラチナムも、メディオスター同様に蓄熱式の脱毛機器になります。

だからメラニンに反応させるわけではありません。メディオスターとの違いは波長の長さ。

メディオスターNeXTPro 810nmと940nm
ソプラノアイスプラチナム 755nmと810nmと1064nm

この通りソプラノアイスプラチナムは、波長の幅が広いです。

だから、よりいろいろな深さの毛にレーザーを届けることができるんです。無理なく。

そしてそれに合わせて出力も細かく調整していくことができます。

結果、メディオスターよりも痛みが少ない脱毛を可能にしています! 🤗

しいてデメリットをあげるならば、メディオスターよりも新しいこと。

つまり実績が足りないということです。その分安心感は多少足りないかもしれません。😔

リスクが多少高くても痛みが少なく効果的な脱毛がしていきたいという人には、

ソプラノアイスプラチナムがおすすめです。

ダイオードレーザー脱毛機の4つの特徴

日焼けする女性

幾つかのマシンがあるダイオードレーザー脱毛機ですが、

基本的なダイオードレーザー脱毛機の特徴は、以下の点にあります。

  • 産毛への効果が高い
  • 痛みが少ない
  • 日焼け肌や地黒でも脱毛できる
  • 照射面積が広い

一つずつどういうことなのか見ていきましょう!

どの脱毛機も産毛には強い

ダイオードレーザー脱毛機は、その中のどの脱毛機も産毛には強いんです。💪

バルジ領域を狙い、メラニンを関係させないメディオスターやソプラノアイスプラチナムはわかりますが、

ライトシェデュエットも意外と産毛への効果は高いんです。

メラニンに反応させるという点がアレキサンドライトレーザーと同じなんですから、

一見すると産毛には弱そうに見えますが、波長も長いです。

そして何よりライトシェアデュエットは肌を引っ張りながら施術できるので、より深くまで高出力のレーザーを届けられます。

結果、産毛への効果が高くなるんです。👏

顔脱毛や腕の脱毛では、産毛をメインに脱毛していくでしょうから、

そのあたりをスムーズに脱毛したいならば、ダイオードレーザー脱毛器はピッタリですね!

医療脱毛の中で一番痛みが少ない

アレキサンドライトレーザーも痛みが少ないといわれることはありますが、ダイオードレーザーはそれよりも痛みが少ないです。 👍

出力の少ない蓄熱式の二つの機器は当然ながら、ライトシェアデュエットも、

皮膚を引っ張って余計なところにレーザーを当てないようにできるので、痛みが少なくなります。

ポイント

医療脱毛には痛いというイメージがある方も多いと思います。

でもダイオードレーザー脱毛機であれば、その痛みはぐっと軽減することができます。

痛みに不安がある方でも通える可能性は高いです。

メラニンと関係しないので日焼けしてもOK

バルジ領域と反応させる2機種は、メラニンと関係しないので、

日焼けをしてメラニンがすごく増えていても、もともとが地黒であっても問題なく施術できます。 🙆‍♀️

他の医療脱毛だと、日焼けしているとできないことが多いですから、

日焼けをしたせいであきらめるしかないと思っていた方もいるかもしれません。😞

でも、ダイオードレーザー脱毛機であれば、その状態でも脱毛できることがあるので、あきらめることはありません。🙋‍♀️

もちろん実際には、肌の調子を見て決めていくことにはなります。

日焼けしている時の肌は、状態が決して良くないです。刺激に弱くなっています。

医師の判断によってはそんな時にレーザーで刺激を与えるのは危険だとされることもあるんです。👩‍⚕️

たとえダイオードレーザーであっても。

ただ、施術できる可能性もあることはたしかですね。

どの機種も照射口が広い

ダイオードレーザー脱毛機は、3機種とも照射口が広いです。

照射口が広いと、その分だけ効率よく脱毛していけることになりますよね。

だから、より早く1回1回の脱毛が終わることが多いです。⏱

あまり長い時間脱毛をしていると、痛みが蓄積してくることがありますから、痛みは少ないに越したことはないですね!

さらに照射口は広いだけではなく四角くなっているので、照射漏れのリスクも少ない。😉

丸い照射口ですべてのスペースを埋めるのは難しいですが、四角い照射口であれば簡単に埋められますから。

ダイオードレーザー脱毛機のメリットデメリットまとめ

メリット・デメリット

ダイオードレーザー脱毛機の特徴はわかりましたが、ではそれの、他の脱毛機にはないメリットはどこにあるでしょうか?

またすごく魅力的に見えるダイオードレーザー脱毛機ですが、デメリットはないんでしょうか?

まずメリットからみていきます。

メリット

  • 肌トラブルのリスクが少ない
  • ほくろの毛も脱毛できる
  • 比較的に早く脱毛が完了することが多い

出力を抑えたり肌を引っ張ったりして刺激を少なくする

ダイオードレーザーでは、どの脱毛機であっても肌への刺激は少ないです。 🙂

蓄熱式では出力が高くないので刺激は少ないですし、ライトシェアデュエットでは皮膚を引っ張ってくれるので余計な刺激は与えられないんです。

だから、まず肌トラブルリスクは少なくなります。 🙆‍♀️

脱毛をしていて肌が荒れていたら、脱毛をしても肌を見せることが恥ずかしくなっちゃいますよね。

だから、肌トラブルのリスクが少ないというのは大きなメリットになります。

日焼け肌でも大丈夫なのでほくろがあっても大丈夫

ダイオードレーザーの特徴は日焼け肌でも大丈夫だというところ。(ライトシェアデュエット以外

ということは基本的にはほくろがあっても大丈夫ということになります。👌

メラニンに強く反応させる場合、ほくろの部分がやけどをしてしまう可能性もあり、施術が出来なくなります。

ですが、蓄熱式でバルジ領域を狙う場合、それも可能になるんです。

ほくろに毛が生えることは多いですし、なかなか恥ずかしいですよね。😅

だからそれが気になっている人も多いはず!

そういう方にはダイオードレーザー脱毛機はすごく合っています。

肌への負担が少ないし毛周期もそこまで気にしなくてよいから適切なペースで通える

肌への負担が大きい脱毛方法だったり、毛周期に合わせないとならないとなると、

たとえば肌トラブルやあるいはスケジュール的に通うペースをうまく合わせるとこができず、適切なペースで通えないことも出てきます。😔

でも、ダイオードレーザー脱毛機であれば、肌トラブルのリスクも少ないわけですから、

少なくとも肌トラブルでペースが狂う可能性はすごく低いです。

そしてさらに、そこまでぎちぎちに毛周期を気にすることもないので、

自分のスケジュールと毛のスケジュールが合わずにペースが狂うということもありません。

ということはつまり、ペースが狂う要因がないということになります。🙌

その結果、ずっと適切なペースで通うことができて、割と早く脱毛が終わることが多くなるんです。😍

デメリット

  • 効果を感じられるまでが遅くなりがち
  • 美肌効果が少ない
  • 蓄熱式ではジェルを使用する

逆にデメリットは上の3つです。

蓄熱式はじわじわ効いてくる

たとえばアレキサンドライトレーザーのようにメラニンにしっかりと反応させる場合には、

濃い毛にはより強く反応したりして、目立つ濃い毛が早めに薄くなることで割と早い段階で効果を感じられるようになることもあります。

またアレキサンドライトレーザーでは、施術後すぐに毛が抜けるので、それによっても効果を感じられることもあります。

でも蓄熱式のダイオードレーザー脱毛機では、出力も弱いし濃い毛に強く反応するということもありません。

なので、どうしてもじわじわと効果が効いてくることになるんです。😧

最終的な効果が出るまでのペースは大して変わらないことも多いですが、

それでも早く効果を感じるというのは難しくなりがちです。😢

美肌効果は他のレーザーの方が高い

他のレーザーは、もともと美容エステ用に使われていたりすることが多い機種になります。

でもダイオードレーザー脱毛機はそうではありません。

それが証明しているように、ダイオードレーザー脱毛機は美容効果を期待することは難しい機種になります。

注意

だから、もし脱毛と同時に美容効果を期待しているのであれば、

アレキサンドライトレーザー脱毛機などを使用しているクリニックを選ぶ方が無難です。

ジェルは不快に感じたりすることもある

ライトシェアデュエットは冷却しながら脱毛していくのでジェルを使うことはありませんが、蓄熱式の二つではジェルを使用します。

そのジェルを不快に思うこともあるんです。当然ジェルは冷たいですから、ちょっとぞわっとするんです。😖

もちろんそれの感じ方には個人差がありますから、

別に気にならないこともあるかもしれませんが、気になる人には気になるものです・・・。😔

ダイオードレーザー脱毛機はどんな人に向いてる?

メリットもあればデメリットもあるのがダイオードレーザー脱毛機ですから、

それが合っている人もいれば、いまいち合っていない人もいるものです。

ではダイオードレーザー脱毛機での脱毛が特に合っているという人は、どういう人になるでしょうか?

ダイオードレーザー脱毛機が合っている人

  • 顔脱毛などあまり濃くない部分の脱毛を考えている人
  • そもそも全体的に毛があまり濃くないという人
  • 痛みに対して不安がある
  • 肌の色が黒めな人
  • 日焼けするリスクがある人

ダイオードレーザー脱毛機での脱毛が特に合っている人というのは、以上のような人になります。

まず産毛に強いという特徴を活かせるような「顔脱毛を考えている人」や「毛が濃くない人」は当然ダイオードレーザー脱毛機が向いてることになります。

顔はやっぱり毛が濃くないことが多いですから産毛に強い脱毛方式で脱毛するに越したことはないですし、そもそも毛が濃くない人も同様です。😃

また痛みが少ないという特徴を活かせるような「痛みに対して不安がある人」にもすごく合っていますよね。

痛みに対して不安がある人は、医療脱毛での脱毛をあきらめようと思っている方もいるかもしれません。😢

ですが、ダイオードレーザーであれば耐えられることもあります。

基本的には医療脱毛の方が脱毛完了までが早いですし、もし痛みが少ない医療脱毛で脱毛できれば、それがベターですよね。

「肌が黒めな人」はそもそもダイオードレーザーでないと施術が出来ないこともありますし、

日焼けリスクがある方も、念のために日焼けをしていてもできる脱毛方法で脱毛するのがあっています。

日焼けリスクがある人とは例えば、外回り営業の方などの外仕事の方。🌞🏃‍♀️

そういう方はたとえ気を付けていてもどうしても太陽にあたる時間が長くなり、日焼けしてしまうリスクが高くなります。

途中で日焼けをして通えなくなるというのはもったいないですから、最初からそのリスクを頭に入れて動くのが正解ですね!

脱毛の痛みに関しては、多くの人が恐れているのではないでしょうか?

だからダイオードレーザーは、多くの人に合っていると言えますね!

ダイオードレーザー脱毛機を採用している主要なクリニック

リゼクリニックをおすすめする女性

「ダイオードレーザー脱毛機が合っているから、ダイオードレーザー脱毛器を採用しているところに行こう」と思っても、

どこのクリニックでダイオードレーザー脱毛機が使われているかがわからないと行けませんよね。

なので次は、ダイオードレーザー脱毛機を採用しているクリニックを紹介していきますね!🧐

脱毛クリニック 採用しているダイオードレーザー脱毛機
アリシアクリニック ライトシェアデュエット
リゼクリニック ライトシェアデュエットメディオスターNext Pro
クレアクリニック ライトシェアデュエットメディオスターNext Pro
レヴィーガクリニック メディオスターNext Pro
KM新宿クリニック メディオスターNext Pro
レジーナクリニック ソプラノアイスプラチナム

この通り、ざっと有名どころをまとめるだけでも、ダイオードレーザー脱毛機を使用している脱毛クリニックはたくさんあります。😮

中でも特におすすめなのはリゼクリニック。どんな脱毛クリニックなのか、ざっと紹介していきます。

リゼクリニック

リゼクリニックは、最近テレビCMなどで目にしたり耳にしたりすることが多くなっている脱毛クリニックです。

そんなリゼクリニックでは、

  • 「ライトシェアデュエット」
  • 「メディオスターNeXT Pro」

という二つのダイオードレーザー脱毛機を使い分けています。

それに加えてさらにYAGレーザーというタイプの脱毛機である、

  • 「ジェントルヤグ」

という3つの脱毛機を使っているんです。それらの中から自分の毛質や肌質に合わせた脱毛機を使用してくれます。

なので、必然的に効率の良い脱毛ができるようになるんです。👍

そして当然「痛みをなるべく少なくしたい」とかそういうこちらの要望ともうまくバランスをとってくれます!👏

脱毛機を指定できるわけではないですが、全く意向を無視して進んでいくということではありませんので安心です。🙂

以下、リゼクリニックの概要のまとめです。

全身脱毛料金 5回:298,000円分割の場合
月々:13,000円
5部位指定の全身脱毛 5回:198,000円
VIO脱毛 5回:99,800円
顔脱毛 5回:99,800円
再診料 0円
キャンセル料 0円
剃り残し 0円
肌トラブルの治療代・薬代 0円
店舗 新宿・渋谷・大宮・柏・横浜・大阪梅田・心斎橋・神戸三宮・京都四条・名古屋栄・名古屋駅前・仙台・新潟・広島・福岡天神提携院青森・盛岡・いわき・郡山・四日市

蓄熱式とショット式の二つのダイオードレーザー脱毛から選んでもらえるということだけでもおすすめできますが、

地味にキャンセル料や再診料、そしてシェービング代などがかからないというのは嬉しいポイントになります。👌

全身脱毛の料金自体は特別安いわけではないですが、部分脱毛で言えば他のところよりも安いこともありますし、

その上こういうところで料金がかからないのは嬉しいところです。😉

もちろんリゼクリニック以外の脱毛クリニックにも良いところはあります。

ただどこを選んでいいかわからない場合には、リゼクリニックはおすすめできます!

リゼクリニックの公式サイトはこちら

ダイオードレーザー脱毛機に関してのQ&A

Q&A

最後に、ダイオードレーザー脱毛機に関してのQ&Aをまとめていきます!

Q.ダイオードレーザーが受けられない人はいますか?

A.ダイオードレーザーが受けられないのは

  • 「光アレルギーの人」
  • 「妊娠中の人」
  • 「授乳中の人」
  • 「HIV陽性の人」
  • 「健康状態が良くない人」

などです。実際には医師と相談のうえで決めていくことにはなりますが、

基本的にはダイオードレーザーでの脱毛はできないと思っていた方が良いですね。

Q.ダイオードレーザーで脱毛できない部位はありますか?

A.ダイオードレーザーでは、特に脱毛できない部位というのはありません。

刺激が少ない脱毛方法になりますし、どこであってもきちんと脱毛していくことができるんです。😄

ただ、たとえばIラインの粘膜ぎりぎりなどの位置や、目の周りなど、

どんな脱毛方法でも避けられるようなところは、避けないといけないこともあります。

Q.ダイオードレーザーの3つの脱毛機器のデメリットはどこにありますか?

A.

メディオスターNeXT Pro 効果が出るのがやや遅くなる
ソプラノアイスプラチナム ・効果が出るのがやや遅くなる
・実績が少ない
ライトシェアデュエット ・多少痛みが強くなる
・日焼け肌などに使えない

一番デメリットが少なくバランスが良いのは、「メディオスターNeXT Pro」になりますね。

Q.ダイオードレーザーでの脱毛は何回くらいで完了しますか?

A.ダイオードレーザー脱毛機を使用した脱毛では、6回程度の施術で満足する人が多いです。🙂

完全につるつるにするにはもう数回通うこともありますが、

5回6回くらいで自己処理がほとんどいらなくなる人が多いです。🖐

痛みが少なく産毛に強いダイオードレーザーは効果的な脱毛方法!

ダイオードレーザー脱毛は、痛みが特に少ないというだけでもメリットは抜群なのに、それに加えてさらに産毛に強いという特徴もあります。

つまり痛みが少ない上に効果も高いということ。それはまさに理想的な脱毛方法ですよね!😘

だから、最近では人気もすごく高い脱毛方法であり、選んで後悔するような可能性は低いと言えますね。

中でも特にデメリットの少ないメディオスターNeXT Proはおすすめです!

リゼクリニックの無料カウンセリングを予約する

-脱毛Q&A

Copyright© 脱毛AtoZ , 2018 All Rights Reserved.