脱毛Q&A

VIO脱毛はどこまでする?男性ウケの良いおすすめの形について解説!

更新日:

VIO脱毛の範囲と形 タイトル

脱毛といえば、だいたいどんな部位であってもつるつるにすることを目指して行うものです。

ただ、中には例外もあるんですよね!それが、VIO脱毛

中にはVIO脱毛であってもつるつるにすることを目指す人もいますが、日本では完全につるつるにしちゃうのは残念ながら浮いちゃいます。😞

だから、完全につるつるにするのではなく、ある程度整えるということを目指して脱毛していくことが多いんです。

でも、そんな風にある程度整えるとなると、最終的にどんな形にすればいいのか迷うものですよね・・・。🤔

つるつるにするのではなく形を整えるとなると、その形次第ではあとから後悔してきちゃうこともあるかもしれません。

そうならないようにするために、VIO脱毛をするならどんな形にするのがいいのか、チェックしていきましょう!

そもそもどんな形の選択肢があるのか、男ウケするのはどんな形なのか・・・

知っておいて損することはありません。

そもそもVIO脱毛って何?

vio

VIO脱毛という言葉に対して、「何となく下の毛の脱毛」という程度のイメージは多くの方が持っているでしょう。

でもそれが実際それぞれどこを差しいているのかは、あいまいな方も多いのではないでしょうか?😅

VIO脱毛というのは、そもそもVIOで一つの言葉なわけじゃないんです!

Vラインの脱毛、Oラインの脱毛、Iラインの脱毛がセットになって初めてVIO脱毛となります。 😄

それぞれV・I・Oがどこを差すのかというのは、以下の通りです!

Vライン 前から見た時に見える下の毛(骨盤の骨から足の付け根までくらいが基本)
Iライン 下から股を見上げた時に見えるIのラインの毛(ショーツの下の部分のあたり)
Oライン 肛門周りの毛

簡単にいえば、Vラインは、Iラインは、Oラインは後ろ

そしてこれらの毛のラインはだいたいつながっていますよね?

Vラインには毛がたくさん生えているけど、Iラインには全然生えていないなんて言う人もそうそういません。

だいたいの場合で、Vラインの毛が気になれば、Iラインの毛もOラインの毛も気になっているものなんです。 😮

だから、ここの脱毛はそれぞれ単独で行うのではなく、3つの部位すべてで行うことが多い。

そんな背景から、VIO脱毛がセットになっているんです。

ハイジニーナ脱毛との違いは?

VIO脱毛をしようといろいろと調べているうちに、ハイジニーナ脱毛という言葉に出会った方も多いのではないでしょうか?

ハイジニーナ脱毛とVIO脱毛とは、どう違うのでしょうか?

ハイジニーナというのは、「衛生」という意味である「ハイジーン」という言葉から作られた言葉になるんです。✨

つまり「アンダーヘアを整えて衛生的にする脱毛」というのが、ハイジニーナ脱毛になります。

だから、VIO脱毛とハイジニーナ脱毛というのは、本来は同じような意味だと思っていいです。🙂

ただ、最近ではハイジニーナの「衛生」という意味をより強く取って、

ハイジニーナ脱毛=完全に下の毛をなくす脱毛」として使われることが多くなっています。

もちろんそれも、すべての脱毛サロンやクリニックでそうだというわけではありません。

でもハイジニーナコースといわれたら、下の毛を完全につるつるにするコースなのではないかと思った方が良いでしょう。

実際ディオーネという脱毛サロンでは、

VIO脱毛でハイジニーナコースとsemiハイジニーナコースがありますから。

VIO脱毛をするメリットとデメリット

ビキニ

VIO脱毛をすることには、メリットもあればデメリットもあります。

まずはどんなメリットデメリットがあるのか、まとめてみますね。

メリット
  • 清潔に保てるようになる
  • 水着や下着になったときにはみ出すことがなくなる
  • 肌トラブルがなくなる
  • 男性ウケが良くなる
デメリット
  • 脱毛部位の中では痛みが特に強い
  • 慣れるまでは恥ずかしさがある
  • 割としっかりお金がかかる
  • あとで後悔する可能性もある

メリットもデメリットも同じくらいの数があるのがVIO脱毛です。

メリットは見た目と清潔感

メリットとして一番大きいのはやはり清潔感ですね!✨

蒸れるような箇所というのは、やはり衛生的にはよくない箇所になります。

下着、そしてズボンやスカート等によって最低でも2枚の布が重ねられているのがVIOラインです。

そこにさらに毛がしっかりと生えていたらどうでしょうか?

ただでさえ空気が通らず蒸れやすい箇所になるのに、

そんな風に毛がたくさん生えていたら間違いなく蒸れてしまいます。結果、衛生的ではなくなるんです。

そのせいで肌トラブルがおこったり、あるいはちょっと臭いが気になったりしてきてしまうこともあります。 😰

それはどちらも避けたいところですよね。脱毛をすれば、そうなる可能性は少なくなります。

また、下着や水着から毛がはみ出すこともなくなりますから、それらの選択肢も広がりますし、

いちいち自分で沿って処理をしなくなるから、その自己処理による肌トラブルもなくなります。

そして何より、男性ウケがよくなるんです。👨‍❤️‍💋‍👨

まれに生やしっぱなしが好きだという男性もいますが、

大体の男性にとっては、ある程度量や範囲が整えられていて、清潔感があるほうが好みです。

男性ウケも、間違いなく一つの重要なポイントですよね!

デメリットはいろいろな意味でのコストとリスク

デメリットとしては、やはりコストがかかることがまず挙げられます。

そのコストは、お金という意味だけではありません。確かにお金もすごくかかります。

脱毛部位では、すごく安く脱毛できるところもありますよね。💴

たとえば脇脱毛であれば100円とか1,000円とかで脱毛していけることもあるんです。 😲

でも、VIO脱毛ではまずそんなことはないです。だいたい以下の程度はお金がかかってきます。

脱毛サロン VIO脱毛の料金
ディオーネ 12回:96,000円(semiハイジニーナコース)
銀座カラー 脱毛し放題:225,600円
ミュゼプラチナム 6回:54,000円

VIO脱毛は、もししっかりつるつるにするならば、15回~18回くらいは通いたいところです。

だから少なくとも15万円~20万円くらいはかかってくるということになりますね・・・。😨

これは決して安いとは言えませんよね。もしつるつるでなく、ある程度形を残すのだとしても、

12回くらいは通いたいところなので、結局10万円くらいはかかってきちゃいます。

だから料金という意味でのコストは大きいです。

ただそれだけではなく、たとえば痛みを感じるというコストもあります!

VIO脱毛は、脱毛可能部位の中でも特に痛みが強く部位になるんです。 😭

その痛みに耐えるのは間違いなくコストですよね!さらに、恥ずかしいというメンタル的なコストも。

人にそこを見せて施術してもらうわけですから、慣れるまではすごく恥ずかしいです。😖

向こうもただ仕事でしているだけなので、慣れてしまえばどうということはありませんが、

慣れるまでは受ける側は間違いなく恥ずかしいですね。

そしてもう一つ、後悔する可能性があるというリスクもあるんです。😞

一度つるつるにしてしまうと、そうそう元には戻りません。 🙅‍♀️

形を整えるくらいだとしても、後からやっぱり違う形にしておけばよかったと思うことはありますよね?

それでも元にはそうそう戻せないんです。それは間違いなくデメリットです。

このように、VIO脱毛にはデメリットもまずまずありますから、

きちんと考えてから脱毛していかないとだめですね!

VIOラインにはどんな形があるのか?

形を考える

デメリットとメリットを理解したうえで、それでも脱毛したいと思った時、

次に考えるべきはどこまで脱毛するのかという問題ですね!

まず大きな選択として、

  • つるつるにするのか
  • それとも形を残すのか

ということがあります。

もしそれで形を残す方を選んだ場合、もう一つ考えないとならないことが出てきますよね。それが、

  • どんな形にするのか

ということ。一口にVIOラインを整えるといっても、その形にはいろいろなものがあるんです。😮

IラインとOラインは、Vラインを残す場合でも基本的にはつるつるかそれに近くするでしょうから形はあまり関係ありません。

でも、Vラインの場合には形がすごく重要になるんです。👀

だから、自分が理想とするVラインの形を考えないといけません。

そのためには、そもそもどんな選択肢があるのかということを知らないとですよね!

Vラインの選択肢

Vラインの選択肢は、だいたい大きく分けると6つあります。

ナチュラル型 ・自然なVの形のまま全体的にサイズ感を小さくしたり濃さを薄くしたりする
トライアングル型 ・逆三角形の形に整える
・ナチュラル型よりも小ぶりなサイズ感
卵型 ・オーバル形に整える
・縦のサイズはあまり変わらないが横が大きく引き締まる
I型 ・まさにIのような縦長の形に整える
四角型 ・正方形のような四角型に整える
・上も横も引き締めるイメージ
デザイン型 ・たとえばハート型などの特殊でデザイン性の高いデザインに仕上げる

これらの6つの中で、特に人気があるのはやっぱり、ナチュラル型や卵型です。

ではそれぞれの形にどんな印象があるのか、どんな人に向いているのか、一つ一つ見ていきましょう!🧐

ナチュラル型

ナチュラル型は、その名の通りナチュラルな印象に仕上がります。

日本ではつるつるにするのがまだまだ受け入れられていませんから、

あまり形をキメキメにするのも気が恥ずかしいところがあります。😅

整えていないように見えて、きちんと整っているというくらいが一番受け入れられやすかったりするんです。 💕

だから、一番その印象になりやすいナチュラル型が人気になるのは当然ですね!

ただ、ナチュラル型の場合はあんまり脱毛している感が出ない分、

あとあともっとやっておけばよかったと思うようになることもあります。 😫

脱毛した満足感みたいなものはあまり感じづらいこともあるんです。

それがデメリットですね!

ナチュラル型が向いているのはこんな人

  • 脱毛している感を全面に出したくない
  • 人と違うのは恥ずかしい
  • やらなすぎて後悔するよりもやりすぎて後悔するほうが嫌だ

トライアングル型

トライアングル型は、すごくシャープな逆三角形にまとまるので、

印象としてもすごくシャープで清潔感がある印象になります。👍

全体的なサイズ感が特にこぶりになる分だけ、おしゃれに見えるという特徴もあります。🙆‍♀️

ただそうしてきりっとした印象になる分だけ、整えている感も強く出てしまいます。

なので、さりげなく下の毛を整えたいという方には向きません。

トライアングル型が向いているのはこんな人

  • 面積の狭い下着や水着を着たいと思っている
  • とにかく清潔感を重視したいけどつるつるにするのは嫌だ
  • 整えている感がでても気にしない

卵型

卵型は、ナチュラルに近い形に整えられるという特徴を持ちます。

それでいてナチュラルよりもサイドがタイトめになるので、シャープな印象があります。

つまり、ナチュラル型とトライアングル型のいいとこどりのようなデザインになるんです!🤗

だから人気の高い形になっています。そんな卵型のデザインのデメリットは、特にありません。

形としてもナチュラルでやりすぎ感はないし、デメリットになるような箇所はないんです。🙌

だから、多くの人におすすめできますね!

卵型が向いているのはこんな人

  • やりすぎないということを大切にしたい
  • でも面積の少ない下着や水着も履けるようにしたい
  • なるべく後悔しなさそうな形にしたい

I型

ここからは、どれもやや奇抜な形になります。

I型は、その名の通り前から見た時にIの形に見えるように下の毛を整えていきます。

それはかなりシャープ感があり、強めの女性である印象を与えます。👊

ただ、その分すごく整えている感は出てしまいます。

それはもはや、完全につるつるにしているのと大差ないくらいの違和感があるんです。🤔

だから、その違和感を気にしない人でないとおすすめできません。

I型が向いているのはこんな人

  • とにかくおしゃれな印象がほしい
  • 人と違うものを求めている
  • 違和感は気にしない

四角型

四角型もまた、やや奇抜です。だから、これも違和感は強く出てしまうので、それを気にする人には向きません。

メリットとしては、全体の面積がかなり小さくなるので、ほとんどどんな形の下着や水着にも対応できるようになるということ。👙

それでいて完全につるつるなわけではないので、たとえば温泉などでものすごく浮くということもありません。😄

やや周りと調和したパイパンのようなものだ、

と考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

四角型が向いているのはこんな人

  • 完全につるつるに近くしたいけど浮くのは嫌だ
  • 奇抜な水着や下着を着用したい
  • 違和感を気にしない

デザイン型

デザイン型は、脱毛することのメリットを大きく活かしている形だと言えます。

たとえば、ハート形なんて自己処理でやろうとしてもまずうまくはできません。💗

でも、トライアングルや四角であれば、一時的であればやろうと思えばできますよね?

そういうことがあるので、「脱毛」という環境をすごく活かしている、一番コスパが良い形だといえるんです。👍

同じ料金でより「人にしてもらえる」という特性を活かせるわけですから。

ただ、かなり奇抜であり、すごく浮くことは間違いありません。

女性同士で見せるだけならかわいいと思ってもらえるかもしれませんが、

男性に見せる際には引かれる可能性も高いですね・・・。 😨

もはや完全につるつるにするよりも高確率で引かれてしまいます。😱

完全につるつるなのは好きな人もいますが、

ハート型などの奇抜なデザインが好きだという方はまずいませんから。

デザイン型が向いているのはこんな人

  • 人と違うことを求めている
  • 脱いだ時のサプライズ感を求めている
  • どうせ脱毛するなら自分ではできないことがしたい

こんな風にいろいろな形があり、それぞれ向いている人が違うわけですが、

どんな人にとってもやっぱり男性ウケは大事ですよね! 🙆‍♂️

男性ウケが良い形はどんな形になるのか、次はそれを見ていきます。

男性はどう思う?男性ウケが良い形ってどんなもの?

男性にハグされる女性

男性の好みはそれぞれではあります。だから完全につるつるにしているのが好きな人もいますが、

それはだいたい全体の15パーセントくらいだと思った方が良いですね!

ということは

ほとんどの男性が、「つるつるにはしないほうが良いかな・・・」と思っている

ということになります。😮 では男性はどんな形が好きなのか。

多くの男性が好きなのは、上で見てきた形でいうところのナチュラル型です。

50パーセントくらいの男性は、ナチュラル型をおしているんです。でもなぜその形がいいのか。

男性側の意見を見ていきましょう。

完全につるつるにしていると、男性経験が豊富なのかなと思ってひいちゃうけど、

ボーボーなのも清潔感がないからナチュラルがいい。

(30歳 会社員 東京)

整えすぎていると自分と比較して恥ずかしくなるから、適度なくらいがちょうどよい。

(22歳 大学生 大阪)

整えていないのは嫌だけど、整えすぎているとやる気満々みたいに見えてなえちゃう。

女性には恥じらいが大切だと思うので、ナチュラル程度に整えているのが一番好きです。

(35歳 公務員 埼玉)

このように、基本的に男性は整えすぎていると引いてしまう傾向にあります。

やっぱり男性は、処女性を大切にするような女性の理想像があり、

性にオープンに見えるような印象を与えてしまうと、それだけでそれから外れてしまうんです。🙁

だから、ナチュラルに整えている程度が一番人気があるという結果になっています。

男性は卵型も好き

ナチュラル型の次に男性に人気があるのは、卵型です。

卵型は、ナチュラル型同様にナチュラルな印象を与えることができる形になります。 😄

だから、まず明らかに脱毛しているというような印象を持たれないんです。😏

人によっては脱毛していることに気が付く人もいるでしょうが、

ぎりぎり最初からそのくらいしか生えていないように見えなくもないんですよね。

だから、まず悪い印象を持たれることはありません。👌

それでいてナチュラル型よりも範囲が狭いので清潔感も高いですし、

男性が好むのもうなづけます!

卵型のアンダーヘアに対する男性の意見はこちら。

あんまりたくさん下の毛が生えていると不潔に見えちゃうから何もしないのは好きじゃない。

できれば面積も狭いほうが清潔感があっていいと思う。

(21歳 フリーター 山梨)

脱毛するならばあくまでも自然な感じてしてほしい。

でも、それで生えすぎていたら意味がないので、形はこぶりでかつ自然、というのが理想です。

(20歳 大学生 新潟)

女性には、下着からはみ出さないようにしつつ、かつなるべく自然にしていてほしいなと思います。

あんまり面積が狭すぎると引いちゃうからこれくらいがベストなのではないでしょうか。

(31歳 自営業 東京)

卵型のナチュラル感とそれでいて高い清潔感があるというのが、

卵型が男性に人気な理由ですね!

男性ウケを狙うならやりすぎないようにしておくべき

ここまでの内容で、

ポイント

男性はナチュラル型や卵型などの、ナチュラルに見えるけど清潔感もきちんとあるという形が好き 🧑

ということがわかりました。

だから、もし男性ウケを意識して形を整えていくのであれば、なるべくそういう形を選ぶのがおすすめ!

どうせ整えるのであれば、やっぱり男性ウケも気にしておいた方が、のちのち後悔する可能性は少なくなりますね。

特にデザイン型は特に男性ウケが悪く、後から後悔する可能性もすごく高いです。

やる際には本当によく考えないとだめです。🙅‍♀️

VIO脱毛に関するQ&A

Q&A

最後に、VIO脱毛に関してのいくつかのQ&Aを見ていきたいと思います!

Q.VラインとIラインとOライン、どこが一番痛いですか?

A.全体的に痛いことは間違いありません。でもその中でも特に痛いのはIラインだという声が多いです。

Iラインは、かなり肌が敏感な箇所になりますし皮膚も薄いので、すごく痛みを感じやすいんです。

だから痛みが怖い人は、Iラインを避けてVラインとOラインのみ施術をする、

というのもおすすめできます。

Q.VIO脱毛の1回の施術時間はどのくらい?

A.VIO脱毛の施術時間には本当にばらつきがありますが、基本的には1時間かからないくらいだと思っておけば間違いないです。

だいたい40分から50分くらいで終わることが多いですね。⏱

これは、脱毛可能部位の中では比較的長めの施術時間になります。

それだけ丁寧に施術をしないとならない敏感な箇所だということです!

Q.VIO脱毛をするときの体勢は?

A.VIOライン、それぞれの脱毛部位によって姿勢は微妙に変わります。

Vラインは仰向けの状態で気持ち足を開き気味にするくらいです。

Iラインは、その体勢から上から見た時に数字の4に近くなるように、足を開いていきます。

Oラインは、ただうつぶせの体勢になるだけなので、すごく簡単です。

Q.生理中には施術をすることはできる?

A.生理中のVIOラインの脱毛は、さすがにできないことが多いです。 🙅‍♀️

VIO脱毛以外であれば生理中でも問題ないということは多いですが、

VIOラインの場合は衛生的なことを考えて脱毛の施術ができなくなっているんです。

だから、自分の周期的に考えて、

このあたりに生理が来そうだなと思うタイミングでは、

予約を避けるのがおすすめです。 👩‍🏫

VIO脱毛はナチュラルにするのが一番!

VIO脱毛についてここまで見てきましたが、基本的にはVIO脱毛自体はするのがおすすめです。👍

もちろんデメリットはありますが、メリットも大きいですから。

そしてもしするのであれば、ナチュラルな仕上がりになるナチュラル型や卵型に整えていくのが一番です!😘

もちろんこだわりがあればべつの形でもいいですが、後悔しない、満足できる脱毛がしていきたいなら、おすすめはナチュラル型や卵型なんです。

男性ウケも良いですし、それ以外の面でもバランスが良いですからね!💕

後悔しないためには、そのバランス感が大切です。

-脱毛Q&A

Copyright© 脱毛AtoZ , 2018 All Rights Reserved.